ブラック企業で働くカラテカ大家さん

年収300万円のブラック企業で働き、大空室エリアで2棟を高稼働!地域No.1のコインランドリーを経営の秘訣を大公開

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノボリ

2013.08.15 (Thu)
入居者募集のノボリを立てました。

なぜ今更にノボリなのかと言うと、、、
これは空室コンサルタントの尾島式で、
物件に入居者募集看板を付ける事を紹介されていました。

非常識な大家さんの椙田さんの著書
「空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術」にも
記載がありました。


今は管理会社の看板がついています。
管理会社の名前と連絡先が書いたごくごくシンプルな看板です。

その看板では僕の物件に空室があるかどうかは分かりません。

インターネットでもなく、
マイソク(不動産屋の募集資料)でも無く、
物件に入居者募集のノボリを付けることで道行く人にアピールします。
これが意外と効果があるようです。


僕は所有物件の地域で1番行動派な大家だと思っています。
しかし現実には空室が3部屋有り、
さらに単身者物件の需要が少ない時期なのです。

こういう地味なことをキッチリすることが重要だと思います。
成功している方を徹底的にマネをする事が成功の近道です!


今回、物件につけたノボリの画像をブログに載せておきます。
入居者募集ノボリ


デザインはできるだけシンプルでカッコ良く、
特定の不動産会社のコーポレートカラーにならない様にしました。
ノボリの色からエ◯ブルとか連想されないようにしています。
そうする事によってどの不動産会社でも案内がしやすいようにしています。

では

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。