スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初クレームのその後

電気温水器の湯量を確認しました。
タンクの容量は220Lで湯船は190Lです。
お湯を水で割らずに湯船に貯めて実際湯量を確認しました。
結果は、、、、



190L以上のお湯が有りました。
新しい入居者さんのライフスタイルと使い方、タンクの容量が問題だったみたいです。
220Lで80度のお湯を貯まります。
実際に水で割って生活に使える温度の湯量は電力会社は3~4倍、温水器メーカーは2倍は使えると言っています。



電気温水器の使い方を協力をして頂いている営業マンと、内覧者に理解してもらえるようにしました。
まずは各営業マンにメールを発信しました。
要点は電気温水器は深夜電力でお湯を沸かしているので電気代が安い事、引っ越してすぐにはお湯が使えない事、使うタイミングによりお湯が足らない状況が有 る事を内覧者に伝えて下さいとメール発信しました。
そして部屋にも貼り紙をしました。
オール電化

Tag:フォレスト 空室対策

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。