スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JASRACとコインランドリー

コインランドリーの店内の音楽について

コインランドリーの音楽について考えました。
雰囲気作りで音楽を流すことは、
どうしても著作権と言う問題は避けて通れません。
JASRACが著作権使用料未払いの258施設に法的措置をとった等と最近何かと話題になっています。

当店のような発展途上のお店はなるべく費用を抑えたいです。
合法的にコインランドリーのBGMを流す方法を検証します。

当店がJASRACが管理する音楽を流す場合は著作権料を払う必要があります。

自分で買ったCDを流す事も低価格音楽配信サービスのApple Music等も
店鋪利用なのでは著作権使用料が発生します。
ラジオはラジオ局が著作権料を払っているのでラジオを垂れ流すのはOKです。
でも関係ないニュースやラジオショッピングCMが入るので却下です。
ラジオを録音する事は複製権に抵触するのでNGです。

有料になるとUSEN(有線)と契約して流す事が一般的だと思います。
USENのホームページには
法人向け:加入料金30,000円 工事費20,000円 月額6,000円
家庭向け:月額3,800円

もしくは店舗向けBGMサービス「モンスター・チャンネル」
月額1,880円 初期費用無料
インターネット回線を利用して流します。
手持ちの機材とスマホ等でできるのでお手軽です。

USENと比較するとモンスター・チャンネルは最新曲は少ないです。
それが安さの秘密なのかもしれません。


それならJASRACの著作権料は幾らなのか、、、
店舗面積によりますが
年間著作権使用料500㎡以下で6,000円〜50,000円
年間著作権使用料6,000円なら使用料を払って、
自分のお気に入りのCDを流せるなら良いと思います。
それでも流せる音楽はJASRACだけで、
その他の管理団体もあるので注意が必要です。

それでも当店は無料に拘ります。
次回はJASRACに加盟していないコインランドリーにピッタリのアーティストに交渉した話をします。

Tag:コインランドリー BGM

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。