スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーキングを打ち直しました

リフォームをどこまでするかをよく考えます。
サラリーマンをしながら、
家族サービスをしながらなので、
休日1日の作業で終わらせたいのですが、
どこまで自分でリフォームをするか悩ましいです。

知人に最新の洋式便器へ交換や、
壁紙の貼替え、
畳をフローリングにしたりと何でも自分でされる大家さんがいます。
専業大家さんなのでそこまでできるのですが、
その行動力はスゴイです。

そういう刺激も有り、
電気工事、エアコンの交換以外はできるような気がしています。

最近、外壁を補修しました。
外壁がチョーキングしており、
コーキングがひび割れし完全に隙間から下地が見えています。

私のアパートだと外壁補修はコーキングの打ち直しと塗装で300万円かかるようです。

今は投入した金額を回収する方針でいます。
なので自分で出来る事はやろうと思います。

手始めに外壁のコーキングの打ち直しをしました。
思ったより簡単でした。

手順としては
カッターナイフで硬化したコーキングを切り取る
コーキングがはみ出すのを防止するのにマスキングテープを貼る
コーキングをガンにセットして打つ
ヘラで打ったコーキングをならして
マスキングテープを剥がす
以上

とても簡単な作業です。
材料的にも安価です。
問題は高所作業です。
ハシゴや足場を組む等する必要性が有るので、
その問題さえクリアできれば自分で出来ます。

今回は手の届く高さまで実施しました。
次回はハシゴで3m位の高さのコーキングの打ち直しをしようと思います。

Tag:空室対策 不動産投資

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。