スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満室でも不動産屋に営業のススメ


今回は満室でも不動産屋に営業をする事についてです。


僕は管理会社以外に、
客付けをしてくれている不動産屋にも営業をしています。
頻度は月1回〜3回です。

自分で物件を掃除していた時は、
絶対に月2回はアパートを掃除して不動産屋の営業をしていました。
今は掃除を外注しているので月1回です。

ただ繁忙期の3月とその前の2月頃や、
空室の時は頻度を増やすようにしています。

あとは満室でも不動産屋に営業に行きます。
満室でも営業に行っています。
空室の時に不動産屋に営業するのは当たり前です。
でも満室の時に不動産屋に営業するのは誰もやりません。
だから満室でも僕はアパートの掃除のついでに営業しています。

空室コンサルタントの尾嶋さんもおしゃっていましたが、
「空室時には皆が営業するけど、満室時は余りしない」と、、、

満室だからこそ営業をして下さい。
営業マンは満室でも営業に来ると大家さんの本気を感じます。
空室で切羽詰まっている時ではなく、
満室で気持ちに余裕がある時に雑談して営業マンと関係性を作る事が良いと思います。


何度も言うように、
営業マンが紹介してくれない物件は存在しないのと同じです。
お客さんに営業マンが物件を紹介してくれないと決まりません。
営業マンと関係性ができれば内覧数も増えます。
内覧数が増えればじきに満室になります。

満室の時にこそ、
空室になってもスグに入居が決まるように準備をしましょう。


僕の空室対策は泥臭いです。
すぐに決まるような必殺のアイテムや施策も知りません。
教えて欲しいくらいです。


では

Tag:空室対策

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。