ブラック企業で働くカラテカ大家さん

年収300万円のブラック企業で働き、大空室エリアで2棟を高稼働!地域No.1のコインランドリーを経営の秘訣を大公開

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コインランドリーの初期投資を激安にした方法

2014.07.11 (Fri)
前回の◯◯◯だと初期投資を低く抑えられるの、
◯◯◯は、、、、

答えは居抜きです。

居抜きとは
設備や什器備品、家具などがついたままで売買または賃貸借されること。
居抜きで購入したり借りた人は、すでにある設備を利用することで
初期費用を抑えることができ、早期に営業が開始できるという利点があります。
(HOMESより)

新品のコインランドリーの機械一式で1000万円位かかると思います。
今回は中古なので廃番品の洗濯機も含まれていますが、
コインランドリーの中古の機械屋の見積だと一式で500万円位になります。
これは機械だけなので、
乾燥機の排気やガスの配管、水の接続などの工事は別途かかります。
とりわけ排水や排気の工事のお金は高いです。



でも今回のコインランドリーは居抜きです、
乾燥機、洗濯機のマシン一式で120万円で買えました。
それも設備込みです。
すでにガスと水と電気は接続済みなので、
すぐに開業しました。
店の名前も変えていません。
今まで使ってくれていたお客さんを引き継げます。
ここがダメでも他に移転することも可能です。


『中古』と『居抜き』って素晴らしいって思います。


因みにグーグルで検索をしてこの物件を見つけました。
キーワードは「コインランドリー 居抜き」です。
意外と有ります。
この物件は「コインランドリー盛業中」としか書いていませんでしたが、
不動産屋に聞いてみたら居抜きも可能との事。
心がお踊りました。


今は大々的に掃除をして、
中古のテーブルと椅子を入れて、
古くなった壁に貼られた使用説明の看板を交換しました。


今回はラミネーターが大活躍しました。
データを作ってコンビニでA3でカラー印刷し、
ラミネート加工をします。
ラミネート加工をすると光沢が出てキレイになります。
色々とポスターを作ったので、
次回はポスターを紹介します。

コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。