ブラック企業で働くカラテカ大家さん

年収300万円のブラック企業で働き、大空室エリアで2棟を高稼働!地域No.1のコインランドリーを経営の秘訣を大公開

リフォーム の記事一覧

2回目のコーキング作業、コーキング崩壊

2015.10.17 (Sat)
前回のメルマガで軒天の修理について配信しました。
今回は2回目の外壁のコーキングを打ち直しをした話しです。

洗練された大家さんのブログを見ると、
多くの写真を掲載されてました。
一方、僕のブログは黒を基調にしておりほぼ文字ばかりで地味ですね、、、
だから前回は写真がなかったので、
今回はブログに写真を大幅に追加しました。

さてコーキング作業で感じた事は、
コーキングの打ち直しは簡単です。
とても簡単です。
材料と道具さえ揃っれいれば女性でも子供でも簡単に出来ると思います。
ひび割れしたコーキングの写真はコチラ
2

道具としてはコーキング用のヘラと余ったコーキングを拭き取るボロ布と、
カッターナイフの替え刃とマスキングテープは必須です。
4

業務用のコーキングとガンで作業をしましたが、
サイディングの厚みとコーキング箇所の幅で消費が早いです。
コーキング1本をすぐに使い切りました。
マスキングテープを貼って、
古いコーキングをカッターナイフで切り落として、
コーキングを塗りました。
写真はコチラ
1

3

5

外壁の色は1階部分がピンクで2階部分が白色のツートンですが、
1階部分のピンクの外壁にあえて黒色でコーキングしました。
次回は脚立を購入して高所作業にも挑戦します。

外壁塗装も自分で挑戦予定で、
ダーク系と白色の外壁に塗り分けを考えています。

どうも水性の塗料で外壁塗装をDIYできるような情報があるので調査中です。
情報がある人は連絡を下さい。
無料レポートで120万円かかる外壁塗装を20万円でDIYでやった、
約40ページの大ボリュームレポートです。
さらに浮いた100万円を利用してアパートを購入して大家デビューされています。
非常に勉強になります。
http://mailzou.com/get.php?R=63344&M=27016

では



コーキングを打ち直しました

2015.09.20 (Sun)
リフォームをどこまでするかをよく考えます。
サラリーマンをしながら、
家族サービスをしながらなので、
休日1日の作業で終わらせたいのですが、
どこまで自分でリフォームをするか悩ましいです。

知人に最新の洋式便器へ交換や、
壁紙の貼替え、
畳をフローリングにしたりと何でも自分でされる大家さんがいます。
専業大家さんなのでそこまでできるのですが、
その行動力はスゴイです。

そういう刺激も有り、
電気工事、エアコンの交換以外はできるような気がしています。

最近、外壁を補修しました。
外壁がチョーキングしており、
コーキングがひび割れし完全に隙間から下地が見えています。

私のアパートだと外壁補修はコーキングの打ち直しと塗装で300万円かかるようです。

今は投入した金額を回収する方針でいます。
なので自分で出来る事はやろうと思います。

手始めに外壁のコーキングの打ち直しをしました。
思ったより簡単でした。

手順としては
カッターナイフで硬化したコーキングを切り取る
コーキングがはみ出すのを防止するのにマスキングテープを貼る
コーキングをガンにセットして打つ
ヘラで打ったコーキングをならして
マスキングテープを剥がす
以上

とても簡単な作業です。
材料的にも安価です。
問題は高所作業です。
ハシゴや足場を組む等する必要性が有るので、
その問題さえクリアできれば自分で出来ます。

今回は手の届く高さまで実施しました。
次回はハシゴで3m位の高さのコーキングの打ち直しをしようと思います。
 | HOME |